白身魚の桜蒸し


 カテゴリー:春の味

–材料—
白身魚の切り身
(鯛、平目、スズキなど…)
桜の花の塩漬け

菜の花、若布など


  1. 桜の花の塩漬けを入れた酒で魚の切り身を洗い、鉢にいれる。
  2. 新若布、葉の花などがあれば魚の脇に添える。(なければ魚だけ蒸しても充分美味しいです。)
  3. 残っている酒をまわしかける。(桜の花は魚のうえに散らす。)
  4. 湯気の上がった蒸籠に入れて5〜6分蒸す

※蒸し時間は、魚の大きさや火力に応じて調節してください。

私は蒸籠で蒸していますが、アルミの蒸し器を使っても、お鍋の底に茶碗を伏せて台にしても、お家にある道具で工夫してみてください。

蒸籠の蓋を取ったとき、ふわっと桜が香ります。 写真は真鯛の切り身ですが、金目鯛、ち鯛、平目、スズキなど手に入ったお魚でお試しください。

キーワード: , ,

コメントをどうぞ