ハンバーグ利用のミートソースパスタ


 カテゴリー:メンクイ女のパスタ

-材料—
市販のハンバーグ 1個
オリーブオイル 大さじ1
赤ワイン 50cc
トマトソース 100cc
塩コショウ
バーター 大さじ1/2
パルミジャーノ 大さじ1
スパゲッティ

「ラ・ベットラ」落合務のパスタの基本では、2人分の分量で紹介されていますが、私が作るのは1人分なのでそれを書きました。

トマトソースは作りおきがあるときはそれを使い、ないときはホール缶を使って簡単に作ります。

市販のトマトソースでも、美味しいケチャップでも大丈夫です。

「パスタの基本」には落合さんのトマトソースレシピが丁寧に紹介されていますので、興味のある方はそちらをご覧ください。

  1. 鍋にオリーブオイルを入れて熱し、ハンバーグをほぐしながら強火で焼く。表面にしっかりと焦げ目をつける。
  2. ほぼ火が通ったら赤ワインを加えて水分がなくなるまで煮詰める。
  3. トマトソースを加えてまぜ、味をみて塩コショウで味を調える。
    後から加えるチーズの塩気も考慮しておきましょう。
  4. 茹で上がったスパゲティ、バター、チーズを加えてよく和える。

パスタのソースに使うために赤ワインを開けたことはありません。
残っているワインがあったらそれを使うし、パスタと一緒に飲むつもりなら栓を開けます。

白ワインが残っていればそれを使っても美味しくできますし、ワインがなければ日本酒だって、水を加えたって美味しくできます。おうちのごはんなので、臨機応変に行きましょう。

仕上げのパルミジャーノとバターは必須です!

「ラ・ベットラ」落合務のパスタの基本で覚えて、我が家の定番になりました。 1人分のミートソースが手軽に美味しく作れます。

コメント / トラックバック 6 件

  1. パスタのレシピ より:

    とても魅力的な記事でした。
    また遊びにきます。
    ありがとうございます。

  2. tanpopo より:

    パスタのレシピさま
    コメントありがとうございます。
    レシピのほうにもコメントいただいていたのに気がつかなくて、お返事がおそくなりました。
    ごめんなさい。

  3. car covers より:

    “I have learn several good stuff here. Certainly worth bookmarking for revisiting. I wonder how so much attempt you place to create this type of magnificent informative web site.”

  4. soccer bp より:

    “I have really learned new things by your web site. One other thing I’d prefer to say is that newer computer os’s tend to allow much more memory for use, but they also demand more ram simply to function. If people’s computer is unable to handle much more memory and also the newest software requires that storage increase, it usually is the time to buy a new Computer system. Thanks”

  5. PADI dive instructor より:

    “I loved as much as you’ll receive carried out right here. The sketch is attractive, your authored subject matter stylish. nonetheless, you command get got an impatience over that you wish be delivering the following. unwell unquestionably come further formerly again as exactly the same nearly very often inside case you shield this increase.”

  6. natural hair shirts より:

    “There are certainly plenty of details like that to take into consideration. That could be a nice level to bring up. I supply the ideas above as basic inspiration but clearly there are questions just like the one you bring up where the most important factor will probably be working in trustworthy good faith. I don?t know if greatest practices have emerged round issues like that, but I am positive that your job is clearly recognized as a fair game. Each boys and girls feel the influence of only a second’s pleasure, for the remainder of their lives.”

コメントをどうぞ