アサリと白舞茸のリゾット


 カテゴリー:ごはんもの,秋の味

re_gohan1 —材料—


アサリ、白舞茸、水菜
にんにく、玉ねぎ
パルミジャーノ、バター、オリーブオイル
塩、コショウ

—作り方—
  1. 砂抜きをしたアサリをきれいに洗って鍋に入れ、水を加えて火にかける。
  2. アサリが開いたら火を止めて、アサリとスープに分ける。
    (身よりもスープが重要です。間違って捨てないでください。)
  3. 殻からアサリをだしておく。
    (殻を使って掻きだすのがやり易い!)
  4. オリーブオイルでにんにくと玉ねぎのみじん切りを炒め、米(洗わないこと)を加えて透き通った感じになるまで炒める
  5. あさりのスープをお玉1杯加え、木べらで米全体に水分がいきわたるように混ぜる。
    (混ぜ過ぎないように注意!)
  6. 水分が少なくなってチリチリいい始めたらスープを1杯足して、木べらで混ぜる。
  7. アルデンテの直前!くらいで、小分けにしておいた白舞茸を混ぜる。
  8. グツグツいい始めたら、摺りおろしたパルミジャーノとアサリの身を混ぜ、塩コショウで味を整え、バターを1かけ加えて火を止め余熱で混ぜる。
  9. 水菜をさっと混ぜて盛りつける。
私が作るのは1人分なので、1/2カップほどの米を使いますが、これでもかなりたっぷりあります。
(余ったら、翌日焼きリゾットでどうぞ。)

1/2カップの米に対して3カップほどのスープを用意しておきます。スープが多めなので余ったらお味噌汁の出汁にでも加えちゃってください。米が柔らかくなる前にスープがなくなっちゃったら、水を足したって大丈夫です。

でもおかゆを作っているわけではないので、火が通り過ぎないようにしましょう。

白舞茸&白コショウを使うと仕上がりがきれいですが、他のきのこだって美味しくできます♪

TVなどでいろいろな方の作り方を見たり、本を読んだりして、なんとなく自分で作り易いリゾットの作り方がかたまってきた気がします。

塩コショウで味を調えたあとでチーズを加える!と書かれているものが多いですが、チーズをたっぷり入れたほうが美味しいし、チーズの塩分を計算するのが難しいので、先にチーズを入れてます^^

他の季節だって、旬の素材を使ってよくリゾット作るのですが、さすがに盛夏には鍋の前に立ち続ける気持ちになれません。秋風が吹くと「リゾットでも作ろうかなぁ…」って思うので、私にとっては秋の味です。

→たんぽぽブログの記事

キーワード: , ,

コメントをどうぞ