キムチ餃子


 カテゴリー:酒の肴

re_sakana6 —材料—

餃子の皮 20枚
豚ひき肉 250g
酸っぱくなったキムチ 300g
長ネギ(みじん切り) 大さじ5〜7
にんにく(すりおろし) 大さじ1
生姜汁 小さじ1
塩、こしょう 少々
醤油 小さじ1
砂糖 小さじ1/2
酒 小さじ2
ごま油 大さじ1

この分量は安さんに教えていただいたレシピですが、私が包むと必ずタネが残ってしまいます。
だいたいの目分量で適当に調節しても、きっと美味しくできると思います。

「餃子の皮は餅粉入のものを使う!」と安さんに教えていただいたので、それに従っています。

—作り方—
  1. キムチをみじん切りにする。
    (フードプロセッサーを使わず、必ず包丁で刻むこと!!)
  2. ごま油以外の材料をボウルに入れ、粘りがでるまで混ぜる。
  3. 仕上げにごま油を加え、やさしく混ぜたら、冷蔵庫で30分寝かせる。
  4. 餃子の皮でタネを包む。
    (餃子をバットに並べるとき、バットに薄く粉を振っておくこと。)
  5. フライパンを熱くして油をひき、餃子を並べて蓋をする。焦げ目がついたら水を入れて蓋をし水気を飛ばす(3分くらい)。最後にゴマ油をまわしかけて焼き上がり。

しっかりと味がついているのでタレはいりません。
鎮江香醋をつけて食べると風味が変わって美味しいです。

安さんのレシピには溶き卵が入っています。粘りがでるまでタネを混ぜたあと、固さを見ながら溶き卵を加えることになっていますが、上記の分量に対して大さじ1〜2杯だったりするので、私は省略しています。

大抵お腹が空いていて急げや急げ!状態で作っているので、「30分寝かせる」を省略することも多いのですがそれでも美味しくできます。

タネが残ったら冷凍してください。どんどんと発酵が進んでしまうそうです。

赤坂にある韓国料理店;古家庵の安貞愛さんに教えていただきました。
何度も何度も作っている大好きな餃子です。


→ラムで作ってみたときのたんぽぽブログの記事





 
   

キーワード: ,

コメントをどうぞ