チヂミ


 カテゴリー:粉を使って…,酒の肴

re_kona1 —材料—
<基本のタネ>
小麦粉 500g
水   500cc
本だし(いりこだし) 大さじ1
にんにく(すりおろし) 小さじ1
塩   小さじ1

<具>
ニラ、玉ねぎ、にんじん、むきえび、イカ

お好みのもの、家にあるものなんでも!

写真はかぼちゃと玉ねぎのチヂミです

<薬念(ヤンニョム)醤>
醤油(大さじ5)、炒り白ごま(小さじ1)、ごま油(小さじ1)、粉唐辛子(小さじ1)、砂糖(小さじ1)、長ネギのみじん切り(大さじ1)、にんにくのすりおろし(小さじ1/2)
—作り方—
  1. ボウルに小麦粉、本だし、にんにくを入れ、水を注ぎながらしっかり混ぜる。
    ※泡立て器を握って、しっかり混ぜます。全体がぽってりして滑らかになるまでよ〜く混ぜます。タネはかなり固めです、水を全部入れる必要はないので、様子をみながら混ぜてください。
  2. 3cmに切ったニラ、玉ねぎのスライス、千切りにしたにんじん、むきえびを、たねに入れて交ぜる。
    ※野菜に傷がつくと水気が出てタネが水っぽくなるので、手を使ってふうわりと混ぜてください。
  3. フライパンに多めの油を入れ、熱くなったらタネを入れて薄くのばし、イカと赤ピーマンの細切り(色どり)をのせる。
    ※カリッと焼くには油を多めに、油っぽくならないようにするには強火で、決して押さえつけないこと。裏返したら回りに油を足す。
  4. ヤンニョム醤の材料を混ぜ合わせて、チヂミに添える。
  5. ※ヤンニョム醤は冷蔵庫で1週間くらいは持つので、ソーメンや冷や奴などに。

古家庵の安さんに教えていただきました。
牡蠣、剥きアサリ、キムチ、ねぎ、キャベツ、かぼちゃ…等々、具の組み合わせを考えるのも楽しみです。

特別な粉を使わなくてもこんなに美味しく焼けるんだ!とびっくり。

安さんが韓国風鍋料理を紹介しています。  
   

キーワード:

コメントをどうぞ