鶏のつくねと白菜の鍋


 カテゴリー:鍋料理

re_nabe8 —材料—
<つくねの材料>
鶏ひき肉  300g
卵     1個
酒     大さじ1、2杯
砂糖    少々
醤油    少々
片栗粉   大さじ1、2杯
万能ネギ  適宜
(長ネギ、玉ねぎ、ごぼう、れんこん…等、あるもの、好きなものを入れる)

※飛田さんに教えていただいた分量です。
 私は1度に作る量がこれよりも少ないので、卵を省略することもあります。
 お酒の量は多め、片栗粉はやや少なめで作っています。

<鍋の具材>
白菜、長ネギ、きのこ
好みの野菜をなんでも

出汁、酒、塩、醤油、ポン酢、ゆずこしょう
—作り方—
  1. ボウルに鶏ひき肉を入れ、なにも加えずに肉だけをよ〜く練って粘りを出す。
    (鶏肉が全体に白っぽくなるまで混ぜる)
  2. ひき肉にほかの材料を混ぜる。
  3. 白菜は茎の部分と葉の部分に分け、茎の部分を細切りにして鍋にしく。
  4. 出汁張り白菜が柔らかくなるまで煮る。
  5. 酒、塩、醤油(薄口)で控えめの味をつける。
  6. 白菜の上につくね、白菜の葉、ネギ、きのこを並べ蓋をしてしばらく煮る。
    (手のひらを水で濡らしてつくねを丸めると、きれいに丸めることができます)
  7. 卓上で煮ながら、ポン酢、ゆずこしょうなど好きな味を足して食べる。

飛田さんのレッスンでは、鍋ではなくてつくねの煮物として習いました。
醤油、砂糖、みりんを使った甘辛の煮汁で煮て、さっと茹でた青菜を添えます。

→たんぽぽブログの記事

キーワード: ,

コメントをどうぞ