帆立とチーズの入った茶碗蒸し


 カテゴリー:意外!だけど…

re_surprise1 —材料—(4名分)
帆立  8〜12個
クリームチーズ(kiri)
卵 2個

薄口醤油  小さじ2
味醂    小さじ2
かつお出汁 300cc
 ※茶わん蒸しは卵1個に対して出汁180ccが基本だが、卵の大きさ、卵の強さをみて加減する。

山葵のすりおろしまたはへぎ柚子少々

—作り方—
  1. かつお出汁は室温に冷ましておく。
  2. 鍋に水と少量の薄口醤油(ほんの少し色がつくくらい、分量外)を入れて火にかけ、沸いたら帆立を入れて火を止めそのまま冷ます。(芯の部分3〜4割は生。)
  3. ボウルに卵とかつお出汁を入れて混ぜ合わせ、裏ごしする。
  4. 卵汁に薄口醤油と味醂を加えて味付けする。
     ※必ず卵汁の味を見ること(蒸すと味が強くなることを考慮する。)
  5. 茶碗蒸しの容器に、手で割ったチーズと切り分けた帆立を入れ、卵汁を注ぎ、蓋をしないで蒸し器にいれ、8〜10分中火で蒸す。
  6. 浮いた水分を拭き取り、お好みの香り(山葵・へぎ柚子をのせる)

かまぼこ、海老、白子、ぎんなん…など具に変化をつけても面白いです。
香りのものは、木の芽、三つ葉など季節のものを!

私は2人分の分量で作り、残り1つは翌日冷製茶碗蒸しとして食べています。

小さな器で少量作って冷ましたら、上に出汁味のゼリーを張り、ウニをのせて、冷たく冷やすとステキなオードブルです^^

割烹小田島の小田島さんに教えていただきました。
クリームチーズはkiriが最適です。
考え無しにとろりと溶けるタイプのチーズを使ってしまい、唇について火傷しそうになったことがあります。気をつけましょう。


→たんぽぽブログの記事

キーワード: , ,

コメントをどうぞ