黒酢の酢豚(文琳風)


 カテゴリー:酒の肴

re_sakana17–材料—
豚赤身肉(厚切り)…2枚
塩、酒、片栗粉…各少々

水溶き片栗粉…小さじ1弱
にんにく(みじん切り)…1片分
赤唐辛子…1本、ねぎ(5cm)、油

<衣>
 卵…1/2個、小麦粉…大さじ3〜4
 片栗粉…大さじ1、水…大さじ2

<甘酢>
 酢…大さじ2
 中国黒酢…大さじ1
 砂糖…大さじ3
 しょうゆ…大さじ2〜2.5
 鶏のスープ(または水)…大さじ2

キリリとうまい新鮮中華で紹介されている分量です。
私は砂糖を減らして、大さじ2弱くらいにしています。
1日に何ℓものスープを使うお店の料理と違って、家庭のお惣菜として作りますので、甘酢には水を使っています。

—作り方—
  1. 豚肉の厚みの半分くらいまで、格子状に細かい切れ込みを入れる。
  2. 切れ込みを入れた反対の側から、5センチの長さ小指大の棒状に切る。(私が作ると親指より太かったりします…)
  3. 塩、酒で豚肉に下味ををつけ、片栗粉をまぶす。
  4. 衣を作る。
    溶き卵を入れたボウルに残りの材料を加え、手でよく混ぜ合わせる。
  5. 豚肉1本ずつにていねいにに衣をつけ、ボウルの縁で衣を切りながら中温に熱した揚げ油に入れていき、色よくあげる。
  6. 甘酢の材料を混ぜておく。
  7. 鍋に大さじ1の油を熱し、甘酢、にんにく、赤唐辛子を入れて煮立て、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、豚肉を入れてさっとからめる。
  8. 器に盛り、白髪ねぎをそえる。

文琳の河田さんに教えていただいた大好きな料理です。 キリリとうまい新鮮中華に紹介されているレシピをもとに書きました。 甘さを少し控えめにして、お肉の切り方は少し大きめにして…だんだん我が家スタイルに変わりつつ、定着しているメニューです。


たんぽぽブログの記事はこちら==>

キーワード: ,

コメントをどうぞ