ひたひたってどのくらい?

たいしても考えもせずにレシピサイトを始めてしまって、迷うことばかりです。
お料理用語の扱いってやつです。

「少々」とか「ささっと」とか、私のは他の人と同じなのかしら?
ひとつまみ、一握りの量の個人差はかなり大きいなぁ…
考え始めてしまうと悩みは尽きません。

よく聞く「お料理の本の通りに作ったのに上手くいかなかった!」ということばも、なかなか判断が難しいところです。

この料理研究家の料理はどうも性に合わないとか、全体的に味がくどいような気がする…ってこともありますが、「本の通りには作ってない!」ってことも多いように感じます。

 ひたひたの水加減
 1口大に切る
 煮含めると煮からめるの違い

私が正しいと思ってやっていることは、他の人と同じなのでしょうか?

小林カツ代さんの料理上手のコツは、そんな疑問をかなり解決してくれる本です。

水加減、火加減、切り方、茹で方…丁寧にそして楽しく説明してくれる本です。
このサイトを始めてこの本が手放せなくなりました。
一人暮らしを始めてお料理を始めた頃、どんなレシピ本を買うより前にこの本を持っていたかったなぁと思います。

1口大についても丁寧に説明されているのですが、イラストの横に「パクッとやった直後に、話しかけられても困らない大きさ」と書かれています。
カツ代さんのセンスと表現力に脱帽!